燕三条伝統産業

進化を続ける「ものづくり」のまち

新潟県のほぼ中央に位置する「燕市」と「三条市」。両市の「ものづくり」の歴史と伝統をひも解くと、江戸時代の和釘づくりが転機であるといわれる。
先人達から守り続けられてきた「ものづくり」の歴史と伝統は、時代の移り変わりの中で匠の高度な技と知恵により、鎚起銅器や利器工匠具といった道を切り拓き、挑戦を続けてきた。
近年、鎚起銅器や鍛治の伝統など歴史ある産業は連綿と伝承されるとともに、燕市は金属洋食器や金属ハウスウェア、三条市は作業工具や理美容器具へと発展し、現代の生活にマッチした魅力ある製品や生活に欠かせない各種の部品を創り出している。また、これらの製品の創出を通じて、多様な加工技術の高度化が図られ、世界有数の高度な技術集積地として、「ものづくり」の伝統はさらなる進化を続けている。

産業の歴史、ものづくりの「今」
伝承される技の世界  
鍛治の伝統  
ここでしか生まれなかった技の世界
SANJO.JAPAN  
enn  

トップページへ戻る

  燕三条朝カフェ

燕三条まちあるき

工場見学へ行こう

燕三条伝統産業

おすすめコース