越後つばめの天神講

天神講は、学問の神様・菅原道真公を命日である2月25日にお偲びし、学業成就や合格祈願、子供の健やかな成長を願う風習です。
燕の天神講は、お供えする色鮮やかなお菓子が特徴で、「天神講のお菓子を食べると勉強ができるようになる」と言い伝えられてきました。
鯛や梅、海老に招き猫、だるまに大黒天など、お店によっていろいろな種類があります。天神講のお菓子で春を呼び込みましょう。

詳しくはこちらをご覧ください

~越後つばめの天神講菓子展~

燕市内の天神講菓子を一堂に集め展示販売します。

【開催場所】 燕三条地場産センター・燕三条駅観光物産センター燕三条Wing・道の駅庭園の郷保内・道の駅国上・新潟市岩室観光施設いわむろや・新潟ふるさと村アピール館

※開催場所によって、開催期間が異なります。

«

  燕三条朝カフェ

燕三条まちあるき

工場見学へ行こう

燕三条伝統産業

おすすめコース